代表メッセージ Top Message タイトルライン

ジョルダン株式会社 代表取締役社長 佐藤 俊和

ジョルダン株式会社 代表取締役社長 佐藤 俊和

次世代の交通インフラ「MaaS」の出現 自動運転により、車は所有するものから利用するものへと変わっていくということで、数年前からMaaS(Mobility as a Service)が注目され始めてきました。

2016年6月、フィンランドのMaaS Global社は、スマートフォンで出発地・目的地を指定すれば、電車・バス・タクシー・レンタカー・レンタサイクルを利用した経路が表示され、予約・決済まで完了する「Whim」というアプリを開発、世界展開を開始し始めました。
定額で乗り放題までをも含めたサービスを実現しており、まさに時代を先駆けたものです。

移動の全てがスマートフォンで完結する時代に インターネットが定額になってから、小売・メディア等あらゆるサービスのメインのプレイヤーが交代、GAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)が一気に力を得、既存の業者が精彩を欠いているのが今日の状況です。

公共交通にも定額モデルが導入され、人々のライフスタイルが大きく変わろうとしています。日本の公共交通は、これまでは世界一でした。
Suica等の非接触のデバイスも汎く使われています。
TAXIアプリ・レンタカーの予約・乗車もスマートフォンでできるようになってきています。
しかし世界では、1台のスマートフォンで移動の全てが完結するという流れが始まっています。

MaaS市場を牽引、普及発展を目指して ジョルダンは、1993年に鉄道駅間の経路・運賃を案内するパソコンソフト「乗換案内」を開発、その後も機能の拡充を続け、1998年には世界初、全国全駅時刻表を搭載しました。
今現在は地図も搭載、ドア to ドアで鉄道・航空機・高速バス・バス・タクシーを利用した経路案内をスマートフォン上で実現しています。

しかし、MaaS Global社の出現に驚き、日本におけるMaaS事業を牽引しようとアプリの機能拡張、さらにはアプリ共通の基盤づくりを担おうと2018年7月にJMaaS Corporationを設立、今度は乗換案内のMaaS化を急いでいます。
1日も早く1台のスマートフォンで移動の全てが完結するという流れを実現していこうとしています。

およそ20年前のインターネットの出現は、世の中を想像以上に変えました。
そして今、MaaSはそれ以上の衝撃を与えようとしています。


佐藤の考え方は、以下の講演、著作を参照してください。

・以前に学生・若手社員向けに行った講演会の内容
・弊社刊行総合オピニオン誌「表現者」掲載記事