2015.3.14 北陸新幹線開業

2015年3月14日、北陸新幹線 東京-富山・金沢間が開業しました。

こちらのページでは、北陸新幹線開業とそれに伴う北陸エリアの特急・快速列車廃止や変更内容をご案内します。
また、北陸エリアの便利なおでかけ情報もご紹介しています。北陸へのおでかけにぜひお役立てください。

2015年03月16日 現在

「乗換案内」対応状況

北陸新幹線の運賃・ダイヤは、乗換案内で検索できます。

北陸新幹線時刻表 経路検索

北陸新幹線について

北陸新幹線は、上信越・北陸エリアを経由し、東京-大阪間を結ぶ計画の新幹線です。
長野新幹線として東京-長野間が部分開業しておりましたが、2015年3月14日に長野-富山・金沢間が開業しました。
開業により、東京-富山間を最速2時間8分、東京-金沢間を最速2時間28分で結ぶことができ、首都圏と北陸がより身近なものとなります。

運賃・料金総額 例
(大人・通常期)
普通車自由席普通車指定席
東京-富山12,210円12,730円
東京-金沢13,600円14,120円

北陸新幹線 ルート図

北陸新幹線 ルート図

北陸新幹線時刻表 経路検索

北陸新幹線 4タイプの列車・停車駅

北陸新幹線は、「かがやき」「はくたか」「あさま」「つるぎ」と4タイプの列車があります。各列車の停車駅は以下のとおりです。

北陸新幹線 4タイプの列車・停車駅

※2015年6月末までは、臨時「かがやき」が毎日3往復程度運転され、うち1往復が新高岡に停車します。

北陸新幹線 E7系・W7系について

東京-金沢間を直通運転する「かがやき」「はくたか」は、全列車が新型車両(E7系・W7系)で運転します。
新幹線の普通車で初めて、すべての席に電源コンセントを設置しており、出張の際便利です。
また、「かがやき」「はくたか」では、上質で洗練されたグランクラスで、ハイグレードなサービスを受けることができます。

運賃・料金総額 例
(大人・通常期)
グランクラス
東京-富山25,580円
東京-金沢26,970円

特急・快速列車について

北陸新幹線開業に伴い、北陸エリアの特急・快速列車に廃止や変更があります。

■廃止

特急「はくたか」越後湯沢-金沢・福井・和倉温泉→廃止
特急「北越」新潟-金沢→廃止
寝台特急「トワイライトエクスプレス」大阪-札幌→廃止

■一部区間廃止、走行ルートを短縮

特急「サンダーバード」大阪-金沢→従来通り
金沢-魚津→廃止
大阪-和倉温泉→1往復に
特急「しらさぎ」名古屋-金沢→従来通り
金沢-富山・和倉温泉→廃止
特急「おはようエクスプレス」金沢-泊→廃止

■新たに、以下の列車を運転

特急「しらゆき」信越本線 新潟-上越妙高・新井
特急「能登かがり火」七尾線 金沢-和倉温泉 ※1日5往復
特急「ダイナスター」北陸本線 金沢-福井 ※1日3往復

北陸新幹線開業時の特急・快速列車

特急・快速列車について

北陸新幹線並行 第三セクター4社

北陸新幹線開業に伴い、並行在来線はJRから経営分離され、4社の鉄道会社に移管されます。

長野県内しなの鉄道北しなの線:信越本線 長野-妙高高原
新潟県内えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン:信越本線 妙高高原-直江津
日本海ひすいライン:北陸本線 直江津-市振
富山県内あいの風とやま鉄道あいの風とやま鉄道:北陸本線 市振-倶利伽羅
石川県内IRいしかわ鉄道IRいしかわ鉄道:北陸本線 倶利伽羅-金沢

北越急行「スノーラビット」運転開始

六日町-犀潟間(新潟県)のほくほく線を運営する北越急行は、越後湯沢から北陸方面を結ぶ「特急はくたか号」廃止に伴い、超快速列車(愛称:スノーラビット)を運転開始します。

北越急行越後湯沢-十日町-直江津 ※1日1往復

北陸新幹線時刻表 経路検索

北陸 おでかけ情報

富山・金沢周辺の人気スポットをご紹介します。

■富山周辺の人気スポット

■金沢周辺の人気スポット

▲上部
へ戻る